意外と見落としがち!日焼け止めで気をつけること

意外と見落としがち!日焼け止めで気をつけること

UVクリームを塗っていたのになんで焼けてしまったのだろう…ということもあります。
焼けてしまうのはイヤですが、まずはエステなどの専門的な場所に行くのが一番安心です。しっかりとした知識を持っているから、紫外線によるダメージを長引かせないためにも、しっかりケアをするのがいいです。

 

意外と見落としがちなところ

これからは焼けてしまわないように、毎日のUV対策を強化していきましょう。
きちんと肌に紫外線対策してるのに毎年やけるという人は、何が原因があるのかもしれません。ひとつでも「あれ?」とおもう所があったら、そこを変えるだけでも焼けにくくなるかもしれません。

 

規定量を塗ること

最近はネットなどでも知られるようになりましたが、パッケージや箱に書いてあるSPFの数値を出すためには、意外と多くの量が必要です。

 

つけるUVクリームが少なすぎると効果が発揮できないです。
必要な量は、顔に塗るなら最低でも500円玉大の大きさが必要です。

 

規定量としては、1平方センチメートルあたり、2mgだとされています。が、この量だと、顔の平均面積を考えると、500円玉よりも少し多めでないといけない計算になるのです。

 

日焼け止めによっては白浮きしちゃうのですが、焼けるか白浮きか…という状況でどちらを取るか、みたいなことになることもありますよね。

 

日にあたりやすい部分はしっかりと!

日の当たりやすいほほ骨やあご、おでこ、鼻の頭などは特に重ね塗りをじっこうすると焼けにくいです。

 

PA++++の日焼け止め

UVクリームを指数にSPFとPAの2つがあります。
(これはもはや常識となっていますが、実は最近、それ以外の言葉も出てきています。が、長くなるのでその話はまた今度しようと思います)。

 

そして皮膚のより奥まで到達するのはPA波です。
こっちは、シワやたるみをつくると言われています。

 

肌表面でシミやそばかすをつくる紫外線ももちろん嫌だけど、それ以上にシワやたるみはイヤじゃないですか。

 

ついつい数字で書いてあるSPFの値ばかりに目がいってしてしまうけれど、PAもやっぱり外せません。そして今はPA++++のいくつかはドラッグストアで手に入ります。

 

アンチエイジングを気にしている人はぜひ、SPFだけではなくPAの方も忘れずにチェックしていくと良いです。

 

塗り直しが重要!

暑い時期には汗をかくので、一日のはじめに塗った日焼け止めクリームも崩れてオチてしまいがちです。
お昼や午後に必ず一度軽くUVケアをできるといいですよね。

 

塗り直しには、パウダータイプの日焼け止めなら気になる部分にさっと塗れるので手軽です。
ファンデーションを塗った上からでも使えるのが、忙しい現代女性にあっているのも、最近どんどんと人気が出てきている理由かと思います。

 

>>日焼け後の肌ケア、割引のあるエステなら!